よくある質問

学習面について   留学準備について   学校について  現地での生活について

 

学習面について

 

まったく英語がしゃべれなくても留学できますか?

英語が全く話せない方には、むしろCEGA留学を強くおススメします。
CEGAはグループクラス込みのコースも用意しておりますが、全く話せない方は、マンツーマンのみのコースをおススメします。CEGAのマンツーマン教室はオープンスタイルではなく、ドアのついた完全個室スタイルです。ご自分の声が外に漏れることがありませんので、間違いを恐れず、思う存分マンツーマン講師と話す練習をしてください。マンツーマンレッスン講師は全く話せないスーパービギナーの方から上級者まで対応できます。また初心者用の教材も多く取り揃えていますので、日本人スタッフとのカウンセリングにて案内させていただきます。

フィリピン人先生の訛りは大丈夫ですか?

大丈夫です。フィリピン人英語教師は、大変聞き取りやすいスラングのないアメリカ英語を話すのが特徴です。フィリピンは英語を共通語とする国で、その中でも英語教師は高学歴者が就く職業ですので、ただ話せるだけでなく、英語教授法を身に付けています。

留学前の学習で、何かやっておいたほうが良い事はありますか?

出来る範囲で結構ですので、単語や熟語をなるべく沢山覚えてきて下さい。うろ覚えでも、こちらの授業で一度 覚えた単語に出くわすと、その後の記憶が定着し易くなります。そして基本的な文法を頭に入れてきて下さい。こちらでも文法は学べますが、すでに文法を理解した上で授業に参加するほうが、上達速度は早くなります。限られた留学期間で効率よく英語力を上げるポイントは、知識を詰め込む作業は日本で済ませておき、学校ではその知識を実践的に使えるようにするための訓練の場とすることです。
もちろん渡航前はみなさん忙しいと察しますので、 無理をしすぎず準備して下さい。継続がなにより大切です。

英語力を伸ばす為のコツはありますか?

英語力の上達は、時間×質×本人のやる気、で決まります。この3つの要素を意識して学習に励んで下さい。また、英語の上達を阻む心理的な要素として、多くの日本人が共通して持つメンタリティがあります。それは、完璧主義であること、失敗を恐れることや人前で自分の意見を主張することに躊躇するなどです。これらは英語を発信する力を鍛える上で大きな足かせとなります。こと英語を学ぶ時だけは、この繊細な日本人らしさを捨てて図太く、間違いを恐れずにしゃべるよう心掛けて下さい。

 

留学準備について

 

手数料は掛かりますか?

いいえ、仲介手数料のようなものは一切発生しません。
授業料や入学金など、お支払い頂く金額は学校が提示しているものと全く変わりませんのでご安心下さい。

ビザなど事前に取得する必要がありますか?

留学期間に関わらず日本でVISAを取ってくる必要はございません。すべてフィリピン国内で手続き可能で、学校が取得代行させていただきます。

SSPとは何ですか?

SSPとはSpecial Students Permitの略で、フィリピンで学生として合法的に滞在するために必ず必要となります。

ACR-Icardとは何ですか?

I-Cardとは外国人登録証の事で滞在が59日を越える場合は必ず取得する必要がございます。

費用は全額日本でで支払うのですか?

入学金と授業料のみ事前にお振込頂きます、それ以外(ビザ関係費用等)については現地払いになります。

どの位、前に予約をした方が良いでしょうか?

早ければ早い程良いです、学校によってはシーズン時期ですとかなり前に希望の部屋が埋まってしまう事もあります。半年前でも早過ぎる事はありません、遅くても1カ月前に予約されることによって、滞在に向けての準備も出来ると思います。直前のお申込みでも宿泊施設の状況次第ではご相談させていただけますので、お問い合わせいただければ幸いです。

海外旅行保険は加入したほうがいいですか?

万が一のことを考え、必ず保険に加入して下さい。クレジットカードの付帯保険でも可能ですが、補償範囲が限定されている場合がありますのでご注意下さい。
当サイトからのお申し込みでしたら、オプションとして航空券と共にお選び頂けるので大変手間が省けます。

日本から買って持っていったほうが良い物はありますか?

ほとんどの物品はフィリピンでも手に入りますが、質に関しては日本のものには及びません。特に、日本のドラッグストアーで売っているような、虫刺され後のかゆみ止めやドライアイ用目薬など、 気のきいた商品はなかなか見つからないです。こだわらない物は現地で購入し、こだわりの愛用品などは日本から持ってくるというのが良いのではないでしょうか。

フィリピン入国時に注意する点はありますか?

日本人の場合、入国審査で質問されることはあまりないと思いますが、もし入国目的を質問されたら、笑顔で観光(Tour)と言って下さい。もちろん本当の目的は留学ですが、ここではどのビザか必要になるかという観点て聞いているのて、観光(Tour)と答えて下さい。フィリヒン留学はSSP取得により、観光ヒサでの入国か認められていますのて、自信を持って観光とお答え下さい。また、帰りの航空チケットを持たずに入国する事は出来ません、オープンチケット(復路の日程を自由に決められるもの)での入国も避けて頂くのが無難です。

 

学校について

 

現地での延長は可能?

宿泊施設の状況を確認しながらご相談させていただきます。お気軽にお申し出下さい。

何曜日に学校に到着すればよいですか?

基本的に日曜日に学校に到着されるようにお越し頂くのが一般的です。月曜日から早速授業が始まります。
他の曜日の到着を希望される際は別途ご相談ください。

土曜日、日曜日以外で授業がお休みの日はありますか?

フィリピンの祝日と年末年始で定められた祝日は授業がお休みとなります。

親子留学やシニア留学も対応できますか?

親子留学・シニア留学共にほとんどの学校で問題無く受け入れ可能です、特にセブ島の学校「Bayside」でしたら、お子様は1歳から受け入れ可能です。1歳~4歳にベビーシッターを付けることが出来ます。
またシニア留学につきましても年々増加傾向にあり、多くのシニアの皆様にお越しいただいております。

現地での生活について

 

フィリピンの治安状況はどの程度でしょう?

日本人の中にはフィリピンを過度に危険な国だというイメージをお持ちの方がいらっしゃるようです。しかしそれはまさにイメージが一人歩きした話であり、実際フィリピンには約300校もの韓国資本の語学学校があり、韓国では小学生も多くフィリピンに留学に来ています。 国連薬物犯罪事務所の統計を見ると、フィリピンと現在主流な留学先である英語ネイティブの国々と比べた場合、例えば強盗・強姦などはむしろフィリピンの方がずっと低い水準のようです。また、フィリピンで日本人が犯罪に巻き込まれるケースには極めて強い特徴があり、麻薬か裏のビジネスの関係者の方か、フィリピン人と結婚した年配の男性かといった場合のどちらかであり、日本人留学生が殺害されたというケースは過去に無いと言われます。 とはいえ日本を一歩出ればどの国も日本よりは危険な国です。フィリピンに限らず海外に行く以上は、例えば夜間の女性の一人歩きは控える等の一般的なリスク管理は行って下さい。そういった事さえ守って頂ければ過度な心配は無用です。 そもそも海外は怖くてどこにも行けないといった事であれば話は別ですが、もしアメリカやイギリスへの留学は平気だけれども、フィリピンには不安を感じるといった方であれば、自信をもってフィリピン留学をおすすめしたいと思います。

現地の物価はどのくらいでしょうか?

フィリピンの物価はおおよそ日本の「3~5分の1」と言われています、これはスーパー等で手に入るローカルブランドの食料品やレストランでの食事の金額等に当てはまります、また、タクシーやマッサージ屋さん等の人件費の割合が大きいサービスは「5~10分の1」などと更に安い傾向にあります、 反面、質の高い製品や電子機器・輸入品等は日本以上に高くつく事もあります。

フィリピンペソへの両替はどうすれば良いでしょうか?

あらかじめ日本で両替していただき、現地ではCITI BANKや新生銀行等のカードお持ちいただければ、ATMから簡単にお金を引き出す事が可能ですのでお薦めです。現地で両替したい場合はCEGAマネージャーにご相談ください。

支払い後にキャンセルした場合はどうなりますか?

返金規定に基づいて払い戻しを致します。なお入学金につきましては返金出来ませんのでご了承下さい。

ネット環境は?

基本的に無線LANによるインターネット接続が可能となっています、 ですがフィリピンのインターネットインフラは日本ほど整っているわけではありませんので、速度が遅い、部屋によっては電波が入りにくい場合などがございます。詳しくはお問合せください。

日本の電化製品は使えますか?

日本は100V、フィリピンは220Vと電圧が異なるため、使えない場合があります。 パソコンや携帯電話のアダプタなど100Vと220Vに対応している製品であれば、問題ありません。電圧が対応していないものは変圧器が必要になります。

病気などトラブルの時はどうすればいいのですか?

日本人スタッフがキャンパス内におりますので、すぐにご相談ください。

携帯電話は使えますか?

日本から持ってきた携帯電話でも使えますが、通話料が高額になるため、緊急時以外は使われないことをお勧めします。現地では大変安い価格で携帯電話が販売されており、プリペイド式でしたら簡単に購入できます。 また、SIMロックフリーの機種をお持ちでしたら、フィリピンの格安なSIMカードでお使い頂く事も可能です。

ショッピングする場所はありますか?

セブ、バギオ、クラーク、各地に日本でも中々見ないような大きなサイズのショッピングモールがございます。食品、日用品、衣類、レストラン、両替などほとんどの物は揃っています。
●飲み水について
フィリピンの水道の水は飲めないものとお考え下さい。学校には基本的にウォーターサーバーが設置してあるので普段はそちらをご利用ください、また売店やコンビニ等、どんなに小さなお店でもミネラルウォーターを扱っていますので、そちらで格安に買う事が出来ます。
●お食事について
充実した留学生活を送るに当たって、食事の内容は重要です。CEGAは自信を持って美味しい料理を提供しています、「食事がおいしい」というのは日本人経営校の大きな強みです。

気候はいかがですか?

フィリピンは一年を通して温暖な気候で、特に日本が冬の寒い時期には暖かい冬を過ごす事が出来ます、 基本的にフィリピンは「暑い国」ですがバギオは一年を通して平均20~℃前後と、過ごしやすい気候で夏の避暑地としても大変好まれています。

観光等も出来ますか?

もちろん可能です!折角南国へ来るのですから余暇を利用して様々な観光地へ出掛ける事をお勧めします。
セブではリゾートビーチやダイビングライセンス取得、バギオではルソン島北部の数々の世界遺産観光や近場の海でサーフィン等、様々なアクティビティがあなたをお待ちしています。
他にもパラワンやボラカイ等、フィリピンには世界的な観光名所がいくつもございます、
日頃の英語学習の成果を、実際に観光等で使ってみる事は英語力のステップアップとして非常に重要と言えます。

予防接種はしたほうがいいですか?

予防接種をしなくても、感染症にかかられる方はほとんどいらっしゃいませんが、リスクがゼロであるとは言い切れません。予防接種に関しましてはあくまでも生徒様ご自身のご判断とさせて頂いております。